<   2016年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

零(ZERO)カレー!

朝が寒くなってきて、布団から出られなくなってきました味園です。

今回のベガランは禁じ手とされているカレーを作りました!なぜ禁じ手解禁かと申しますと…、

仙台の工務店【建築工房 零】さんが来社されたからでしたー!
d0180425_20223573.jpg



零さんの社長とスタッフの方が3名の計4名で来社されました。今日のカレーはキノコカレーで野菜の素揚げをトッピングとして準備しました。カレーと言えばのポテトサラダも準備しました〇
d0180425_20404537.jpg



20人以上が集まって食べるのでみんなが準備を手伝ってくれます。
零さんのスタッフの方もカメラを構えていました笑。
d0180425_20533465.jpg



20人以上でのベガランでしたが、お米はそれ以上に炊いていてお昼からの会議に影響が及ぶのではないかというほどお腹いっぱいになりました〇

建築工房 零の皆さま、大変勉強になりました!またぜひいらしてくださいね!
[PR]
by vegalunch | 2016-11-29 20:51 | みその | Comments(0)

冒険に似合うごはん

早朝、真っ暗闇と土砂降りの雨で通勤路が途中から異様な雰囲気の松元周辺でした。
何かよからぬものを見そうな朝の始まりを迎えた植田です。

本日のベガランのテーマも「読書の秋」です。
本は、十五少年漂流記!
小学生の時に叔父に勧められ、登場人物の多さにうんうんいいながらも
読んでいた思い出の本です。

無人島にうちあげられ、四苦八苦しながらも力を合わせて生活していく彼らですが、
そんな中でも彼らが間違いなくこの料理は楽しみにしていたであろう(これはあくまで妄想です)
というメニューをやります。

きっと少年たちは焚火で暖をとりながら、いまかいまかとこの料理を
待つのです。焚火の中から、いい匂いがしてきたらきっとそれは火が通った合図。
包みを開けたときの彼らの眼は煌々としているに違いありません!

それがこちら!キノコと魚のホイル焼き。
d0180425_2134075.jpg




幸野に手伝ってもらい薪ストーブで加熱しようとするも、時間の都合でオーブンに変更する失態でしたが
なんとか完成!!福迫と安堵安堵。
d0180425_2182731.jpg

d0180425_21104459.jpg


この日は社長の奥さんもいらっしゃっていつもよりも賑わいのあるベガランとなりました!
d0180425_21121861.jpg


なにより、包みを開ける時のスタッフの顔を見ることができて(きっと目が煌々としていたはず)一番
自分たちがうれしい気持ちになったのでした。
d0180425_21123331.jpg

[PR]
by vegalunch | 2016-11-27 21:14 | Comments(0)

あったか鍋

11月も後半...
昨年の今頃はもう少し寒かったような気もしますが...
今月のベガランテーマは、「読書の秋」。
清水、小斉平チームが選んだ一冊は、
昨年、芥川賞受賞作品『火花』(ひばな)。
d0180425_17201044.jpg

本作には主人公の徳永と神谷が、真樹さんの
作ってくれた鍋をめぐって会話するシーンが出てきます。
鍋の中身に想像をふくらませつつ...
今回のベガランは「鍋料理」。
頂き物の宮崎県産の肉と
d0180425_17293736.jpg

地元でとれた新鮮な野菜。
d0180425_17212960.jpg

さばくのは、"鍋奉行"の清水。
d0180425_17214554.jpg

じっくりと煮込みます。
d0180425_1723347.jpg

いい色に仕上がりました!
d0180425_17235019.jpg

あかねも大満足!
d0180425_1724984.jpg

[PR]
by vegalunch | 2016-11-20 17:27 | 次郎長 清水 | Comments(0)

日本人は端っこ好き

今日はテクニカル中村がベガランブログをお届けます。
若干もう冬ですが今のベガランテーマは「読書の秋」ということで
本に出てくる料理を作ります

私が今回選んだ本は向田邦子氏の「父の詫び状」にでてくる「海苔巻の端っこ」という章
文中にもでてきますが私も、いや日本人は端っこが好きだと思います
d0180425_7292926.jpg

d0180425_7294282.jpg

レストランの席や、バスの後部座席、ノートの片隅の空間やそして海苔巻きの端っこ
海苔巻きの端っこは酢飯のわりに海苔、具が多い、得した気分になります。
今回はその端っこを味わおうと思って具材も海苔より長めにこしらえました!
d0180425_730314.jpg

d0180425_7301534.jpg

d0180425_7302785.jpg

d0180425_7305075.jpg

d0180425_731558.jpg

d0180425_7312349.jpg

みんなでおいしく端っこを堪能しました!
[PR]
by vegalunch | 2016-11-15 07:31 | 陳 けいごナカムラ | Comments(0)

檀流クッキング!

こんにちは、昨日漬物で何かに使えると思い、いそいそと鷹の爪を購入しました。
どうも谷です。だって何にでも入れられますもんね。そして、ないと困ってしまいます。

さて、今週のベガランのテーマは読書の秋なので
「本に出てくる料理」です。

私がピックアップしたのはこちらの2冊。
d0180425_1614020.jpg


檀さん、伊丹さんのエッセイ。
両方とも短編のエッセイ集で読みやすく面白いです。

檀流クッキングの目次の項目を順に10個あげてみます。こちらの本は料理にまつわる話が主で、
カツオのたたき、具入りチマキ、タケノコの竹林焼き、イカのスペイン風・中華風、レバーとニラいため、前菜用レバー、タンハツ鍋、コハダずし、大正コロッケ、みそ汁と丸鍋等

女たちよ!は伊丹十三さんが紹介する役に立つことの話で
スパゲッティのおいしい召し上がり方、血よ、したたれ!、パンによる一撃、食前の果物、待つこと久し!、チーズについた指のあと、舌を握って踊る話、陰気なお茶受け、イギリス人の驚き、髭を剃った魚の話等

どちらの本も目次のタイトルからして、楽しそうです。
まだまだいろいろな話がまとまっていますのでみなさまも是非。


今日のメンバー(+谷)
d0180425_1617964.jpg



檀流クッキングより、
クラム・チャウダーと、サフランライス
女たちよ!より
ベスト・ドレッシング
を抜粋してクッキング。
日置学習中。
d0180425_16173158.jpg



いただきもので、マッシュさつまいも。これはオリジナル。
d0180425_16174917.jpg




クラムチャウダーはアサリを下茹でして、貝殻をとって、玉ねぎ炒めて、小麦粉・バターを炒めて、、、ルーは使っておりません。檀流は手間を惜しまず、丁寧な作り方。ふむふむ。
d0180425_1618431.jpg



d0180425_16181993.jpg

サフランライスはサフランの葉を刻んで金色を出していきます。
お米を沸騰したお湯で3~4分茹でます。ざるに出す。
下茹でした米(10合!)を鍋いっぱいに敷いたキャベツにオン!
水は加えず、キャベツの水分で蒸すように米に火を通していきます。
火が通ったらバター、塩、マッシュルームをまぶして、混ぜたら完成。
本の中には鍋に敷いていたキャベツの食べ方は載っていなかったので、えーい、米と混ぜて盛り付けてしまおう。笑


d0180425_16183458.jpg

檀流隠し味はトマトピューレで酸味をつけます。メリケン粉でとろみ付けです。



d0180425_16184732.jpg


d0180425_1620202.jpg


d0180425_17203545.jpg


d0180425_16192931.jpg


本で料理をするとイメージを頼りに作業するので楽しいです。
普段自分がしない順序や調味料など発見がたくさんあります。

皆さんも伊丹流、檀流でお料理してみてください。
※ついつい読み進めて米の茹ですぎに注意!笑
[PR]
by vegalunch | 2016-11-07 17:33 | Comments(0)

薪ストーブ料理

秋ですね。

秋と言えば”読書”
我がベガハウスには読書をするのにピッタリの場所がいくつかあります。
そのうちの一つがココ。
d0180425_13422917.jpg

薪ストーブの前です。
暖かくてポカポカ。

少しよってみましょう。
d0180425_13434023.jpg

炎の揺らぎが癒されますね。

もう少し
d0180425_13442593.jpg

d0180425_1346893.jpg

今日は薪ストーブで料理。
鶏がらスープをコトコト煮込み中でございます。

薪ストーブの表面温度は約250~300度くらい。
煮込み料理には最適です。


鶏がらの出汁がとれたら、キッチンで仕上。
d0180425_13541093.jpg


プランナー幸野特製 『鶏がらスープから作る 鶏だんご鍋』
d0180425_1357470.jpg

d0180425_13585754.jpg




薪ストーブ料理はベガランでシリーズ化したいと思います!



ちなみに、お鍋のお隣にはお芋さん。。。
d0180425_13465025.jpg

そのまま2~3時間ほど放置で、美味しく出来上がりました!
d0180425_13544785.jpg




料理:幸野、織田
写真:幸野
文:織田
[PR]
by vegalunch | 2016-11-04 14:02 | おだ食 | Comments(0)


作りながらキッチンを学び、スタッフ同士おなじ釜の飯を食べてコミュニケーションをとる、ベガハウスのまかない。


by vegalunch

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
オオサコ食堂
徳田屋
小料理屋 幸
コサイライス
麺人佐藤
さかもと庵
KISA喫茶
大木亭
陳 けいごナカムラ
よねもと庵
調理人 原崎
兵隊食堂
ヒデキチ
おやじ亭
ハム食堂
福福
喫茶ユキ
A Cafe
アンコマン 谷
次郎長 清水
みその
がばいめし 宮原
おしゃランチ
おだ食

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

画像一覧

最新の記事

作りたいものをつくるメンバー
at 2017-08-18 16:06
オーブンハンバーグ!
at 2017-08-11 13:39
多国籍そうめんランチ
at 2017-08-03 11:18
ベガハウスの六月灯
at 2017-07-21 11:36
主菜が3つ
at 2017-07-07 21:38

記事ランキング

最新のコメント

ame-no-michi..
by vegalunch at 19:52
ありがとうございます。噛..
by ame-no-michi at 14:15
サラメシさん るんるん..
by vegalunch at 22:18
こんにちは! たった今..
by るんるん at 23:24
サラメシ見て、さっそくチ..
by サラメシ at 23:17
楽しい時間をありがとうご..
by vegablog at 08:22
とっても美味しかったです..
by 飯尾建設 大沼 at 23:20
ベガラン楽しんでもらえて..
by うえだ at 20:24
たのしかったです! 喜..
by 堀内 at 21:18
Uさま、いつもありがとう..
by vegalunch at 11:16